『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TOP
『国家の品格』
国家

いろんな意味でおもしろい本だと思いました。
著者の藤原正彦さんは数学者。論理的に証明することの専門家です。その専門化が論理だけで成り立つ欧米流の社会を論理的に否定している。そして日本古来の情緒や武士道精神を勧めている。一見矛盾しているように聞こえるかも知れないけれど、読んでみるとなんだか納得してしまう。

すでにベストセラーにはなっているけど、特に政治に関わる人と学生に読んでもらいたいですね。別にこの本に書かれていることを実行しろと言いたいわけじゃない。ただ、この本を読んで現在の日本や世界各国の制度の欠点や日本が戦後失ってしまったものについて考えて欲しいです。今までとはまた別の視点から考えることが出来ると思います。

私はすごいこと書いてるなぁって思ったりどこか納得させられてしまうことはあったんだけど、全部に首を縦に振ることは出来ませんでした。読んでいて違和感を持つこともありました。他人の意見だからそれも当然かとも思ったけど、後からよく考えてみるともしかしたら私が受けている今の教育からの知識や考え方がそう思わせるのかも知れません。それってすごく怖いことですよね。民主主義にもこんな欠点が!?と気づき、なんだか今まで自分が教育に洗脳されてきた気分になりましたorz
スポンサーサイト
【2006/03/18 13:38】 ヒトリゴト | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP
| ホーム |

リンク

このブログをリンクに追加する

リンクについて

このブログはリンクフリーです。遠慮なくリンクしちゃってください。 リンクの際はよろしければコメントに一言下さい。

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。